2018年11月3日(土・祝)

プレトーク 14:15開演 / コンサート 15:00開演 (14:00開場)

全席指定5,000円(税込)

2018年、日本とスペインは外交関係樹立150周年を迎え、さまざまな記念プロジェクトが開催されます。スペイン大使館はこの記念プロジェクトの一環として、スペイン人作曲家ホセ・マリア・サンチェス=ヴェルドゥとイタリア人作曲家ブルーノ・ドッツァに、日本の伝統芸能である“能”と“弦楽器”のための新作を特別に依頼しました。その新曲が両国の気鋭のアーティストた

[出演]

青木涼子(能アーティスト)
リナ・トゥール・ボネト(ヴァイオリン)
アルド・マタ(チェロ)
チー・シェン(ピアノ)

[プログラム]

武満徹:ビトゥイーン・タイズ
カサド:無伴奏チェロ組曲
サンチェス=ヴェルドゥ:謡とヴァイオリンのための新作(世界初演)
細川俊夫:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
グラナドス:ヴァイオリン・ソナタ
グラナドス(クライスラー編):アンダルシア
ファリャ(クライスラー編):歌劇「はかなき人生」より “スペイン舞曲”
ドッツァ:謡とチェロのための新作(世界初演)
トゥリーナ:円 op.91(三重奏曲)

http://www.hakujuhall.jp/syusai/163.html?fbclid=IwAR0fOZtXy7Q6bm922Km8u_MDAojfPBIWsMqhBG0bDT9wHYC81N2dLlyIk7g

 

_______________________________________________________________